【東京公認心理師協会地域交流イベント】大田区・世田谷区に登録している皆様へ

8月に東京公認心理師協会の地域活動としてイベントを企画しました!

2019年2月に東京臨床心理士会から名称変更された東京公認心理師協会では1997年から地域ブロックでの活動を進めてきたものの当初の「会員相互のコミュニケーション、地域におけるネットワーク形成」という目的はなかなか達成されにくかったようで2016年度から新たな形での地域活動を開始することになったそうです。「一般社団法人公認心理師協会 地域活動要項」の日付は2019年3月11日となっているのでその間にも試行錯誤があったのだと思います。

新たな目的は1、地域における社会貢献活動の実現、2、会員相互のネットワークの形成だそうです。

2021年11月の時点での東京公認心理師協会の登録人数は区部3540人、区以外1349人、計4889人ということで今回私たちが地域活動の対象とするのは開催地である大田区(155人)、私の登録地域である世田谷区(453人)です。ちなみに私のオフィスがある新宿区の登録人数は214人。近いうちに新宿区でも何かやりましょう(>新宿区の心理士(師)のみなさん)。

臨床心理士と公認心理師が協力して東京に暮らす方々に向けて心理支援を普及、充実させていくことは協会の基本姿勢ですが、「地域」という視点は、地域に根付いた子育て支援のNPO活動を長く行なってきた私にとっても欠かせないものです。スクールカウンセラーをしていた頃も当時の「地域会」という横のつながりには本当に助けられました。

協会の地域活動推進委員会からのお知らせが入った封筒がきた頃、ちょうど私と同じく個人オフィスで高次脳機能障害のピアグループを開催している松岡宮さん(公認心理師、詩人でもあられます!)と知り合い、イベントの話を持ちかけてみたところあっさり決定。

最初は川柳会のトップランナー、とてもユニークかつオープンな20代の柳人暮田真名さんをゲストにお迎えしてのイベントを企画しましたが、協会の地域活動には外部講師を招くという設定がなかったため、そちらは私と松岡さんの協働イベントとして別立てて計画しました。そちらも近いうちに告知いたしますので楽しみにお待ちくださいませ(参考までに2022年6月2日「好日好書」)。

今回は、東京都大田区、世田谷区に登録されている臨床心理士・公認心理師の方に向けて以下のイベントを企画しました。テーマは「言葉の可能性を探る」~心理士(師)が地域でひらかれるために~ です。それぞれの臨床において「使われている言葉」について少人数で改めて振りかえってみようと思います。そうやって「あえて言葉にしてみる」ことで無意識的に用いてきた言葉にも新たな意味を見出せるかもしれません。あるいは当たり前のようにしてきた言葉の使用に関する工夫を「あえて言語化」し共有することでより良い工夫が可能になるかもしれません。「あえて言葉にしてみる」ことの大切さや難しさを再確認しながら、お互いに通じる言葉、相手に開かれた言葉の使用について話し合えたらと思っています。

詳細は以下の通りです。ご参加お待ちしております!

【日時】 2022年8月7日(日)10:00~12:00

【会場】 蒲田寺子屋(〒146-0095 大田区多摩川1-21-21)

(東急多摩川線「矢口渡」駅 徒歩2分)

【テーマ】「言葉の可能性を探る」~心理士(師)が地域でひらかれるために~

【対象】臨床心理士/公認心理師 10名程度

【参加費】無料

【申込み先】kamataterakoya@live.jp (蒲田寺子屋 松岡)

【内容紹介】日々の臨床を行いながら詩や俳句をたしなむ二人の心理士(師)が出会い、「言葉」を軸にしたユニークな地域イベントを企画しました。

それぞれの臨床活動を「使われている言葉」という観点から振り返り、用いている言葉への気づきや共有を通じて心理士(師)同志の交流をはかります。

また地域でピアサポートの場として用いられている空き家で開催することで、このような小さな場を用いての心理的支援の新たな可能性も同時にさぐってみたいと思います。

詩や俳句に正解はなく、形式を逸脱することが許されます。その寛容さはVUCA時代の心理的支援において必要とされる側面であるかもしれません。どうぞお気軽にお申し込みください。

企画代表者名:岡本亜美 ami3office@gmail.com

共同企画者、連絡係:松岡恵子

投稿者: おかもとあみ

臨床心理士/日本精神分析協会候補生の岡本亜美と申します。 https://aminooffice.wordpress.com/  https://www.amipa-office.com/index.html

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。